心臓ドッグを受診する┃病気の早期発見に繋がる

女医

原因不明の体調不良とは

困っている婦人

数種類の手段を試そう

自律神経失調症とは、自律神経のバランスが崩れることによって起こる症状です。自律神経には、緊張や活動を行う交換神経と、リラックスや休息を行う副交感神経の2つがあります。この2つの働きが、バランスを保っている時は、身体や心は正常に機能しています。しかし、疲れやストレス、乱れた生活習慣によって、この2つのバランスが崩れ、様々な体調不良が起こってしまうのです。自律神経失調症は、原因や症状によって治療方法が異なっているので、1つの治療法だけではなく、様々な手段を試す事も必要なのです。心身ともに不調が出ているのであれば、精神科や心療内科での治療が一般的です。また、めまいや耳鳴りなどがひどい場合には、耳鼻科や脳神経外科に相談することもできるのです。

なりやすい性格を理解する

心身ともに不調が出ており、病院で検査をしても、悪いところがどこも見当たらない場合には、自律神経失調症と診断されることがあります。自律神経失調症は、なりやすい性格があると言われているため、自分は当てはまるかどうか、チェックしてみると良いでしょう。自律神経失調症になりやすい性格は、生真面目、几帳面、完璧主義や後ろ向きな考えを持つ人が多く発症します。常にがんばりすぎてしまうため、力をぬけずストレスがかかりやすく、また後ろ向きなので、ちょっとしたことでも落ち込んでしまうのです。自律神経失調症になっても、自分で治そうと頑張ったり、受け入れられない人もいますが、精神科や心療内科では、薬やカウンセリングなど、その人に合った治療方法を提案してくれます。1人で抱え込まず、専門家に相談することがまずは必要なのです。